So-net無料ブログ作成
前の4件 | -

コラージュフルフル泡石鹸のピンクと水色の違いは? [色の違いについて]



コラージュフルフル泡石鹸には、ピンクと水色の、
2種類のパッケージがあります。

ピンクと水色の違いは何なのでしょうか?

まず、発売された年月を調べてみました。


【コラージュフルフル泡石鹸のピンクと水色の発売年月】

◆水色
2007年9月に150mlサイズ発売。
2013年2月に300mlの大容量タイプと、
210mlの詰め替え用発売。

◆ピンク
2015年2月に新登場。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

コラージュフルフル泡石鹸のピンクは、
水色が発売された8年後から発売されています。

というと、ピンクの方が改良されたもので、
より効果が期待できるのでしょうか?

いいえ、そうではありません。

ピンクと水色は、成分などの内容は全く同一です。

また、容量も価格も同じです。

なので、お好きな色や、バスルームに合う色を、
選べる楽しさがありますよね。

コラージュフルフル泡石鹸を購入するなら、
持田ヘルスケアの、エイジング化粧品のサンプル、
500円相当の特典が付く、公式サイトがお薦めです。

また、楽天やアマゾンでも販売されていますが、
デリケートな箇所に使用する医薬部外品ですので、
信頼の公式サイト通販がお薦めです。


【コラージュフルフル泡石鹸】の詳細・購入はこちら






共通テーマ:美容

コラージュフルフル泡石鹸の優れた効果 [この商品の特長]



コラージュフルフル泡石鹸は、多くの女性が抱える、
デリケートゾーンのニオイや痒み対策の為の石鹸です。

ニオイや痒みの原因の一つは菌の増殖です。

デリケートゾーンは、常に温かく多湿なので、
菌が繁殖しやすいため、他の部位に比べ、
ニオイが発生しやすいのです。

また、タンパク質や脂肪が多く含まれている、
デリケートゾーンの汗は、菌が汗を分解することで、
独特のニオイになってしまいます。

そこで、コラージュフルフル泡石鹸は、真菌の増殖と、
細菌の増殖を抑制する成分をW配合することで、
より効果を実感できるよう開発されました。

このW配合は、コラージュフルフル泡石鹸が、
日本初になります。


【コラージュフルフル泡石鹸の有効成分】

◆抗カビ(抗真菌)成分のミコナゾール硝酸塩

◆殺菌成分のトリクロサン

・・・・・・・・・・・・・・・・・

デリケートゾーンのニオイや、痒みなどの不快感には、
汚れや菌を優しく洗い、清潔にする事が重要です。

コラージュフルフル泡石鹸は、製薬グループが開発した、
使用感の満足度91.3%の、デリケートゾーンに特化した、
泡タイプの石鹸です。


【コラージュフルフル泡石鹸】の詳細・購入はこちら






共通テーマ:美容

コラージュフルフル泡石鹸はカンジダに有効 [この商品の特長]



コラージュフルフル泡石鹸は、カンジダ菌を抑制する、
有効成分ミコナゾール硝酸塩を配合している医薬部外品です。

カンジダにお悩みの女性は少なくないようです。

カンジダ菌自体が、もともと人の体内にある菌ですが、
様々な要因で増殖し炎症を引き起こします。

すると、痛みや痒みが生じます。

また、濃いおりものが増え、独特のニオイが発生します。

コラージュフルフル泡石鹸は、有効成分ミコナゾール硝酸塩で、
カンジダ菌の増殖を抑え、カンジダによる症状を改善する、
デリケートゾーンに特化した薬用石鹸です。


【コラージュフルフル泡石鹸】の詳細・購入はこちら






共通テーマ:美容

使用した方の口コミその2 [コラージュフルフル泡石鹸の口コミ]



コラージュフルフル泡石鹸の購入前に、実際に使用者した方の、
口コミを参考にしてください。


【コラージュフルフル泡石鹸の口コミその2】

デリケートゾーンを、普通の石鹸で洗うのは良くないと、
カンジタにかかったときに、医師から言われてました。

いつもシャワーだけで済ましていましたが、
カンジタを抑える有効成分が入っている、
コラージュフルフル泡石鹸を使用するようにしました。

すると、長年悩まされていたカンジタに、
かかることがなくなりました。

ずっと愛用したいと思います。

・・・・・・・(口コミここまで)・・・・・・・

コラージュフルフル泡石鹸で、長年お悩みのカンジタが改善され、
もう手放せなくなったと言う方の口コミが寄せられています。


【コラージュフルフル泡石鹸】の詳細・購入はこちら






共通テーマ:美容
前の4件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。